階段は安全配慮しました

家の中で最も危ない箇所として、階段があると思います。階段では、二回ぐらいそこで躓いてこけたことがありました。少しの怪我ですんだのですが、大きな事故につながることもあり要注意と思っています。そこで新築を作るときに、階段に関しては安全配慮することにしていました。その一つとして、手すりは必ずつけることにしたのです。手すりがあるとないとでは、全く違うのです。手すりがないと、そこをつかむことができないので、転びそうになったときにたちまち困ります。そこで、しっかりとした手すりをつけています。特に階段を降りる時には、そこを掴んで降りることにしています。すると、とても安心することができるんですね。もしもないと思うと不安になりますね。また階段では、滑ることも想定して滑り止めをつけることにしました。それをつけることにより、ちょっと掃除をするときにほこりを取りにくさを思うことがありますが、それよりも安心出来るのでいいと思っています。